ぐだぐだわーくす

意識低い系目標と面白アンテナを掲げて世界征服をもくろむBLOG。我を崇めよ(*‘ω‘ *)

心は沖縄の海へ!!ソニーアクアリウム2017が超オススメ!

f:id:dacs:20170805073811p:plain:w760

こんにちは、DACです。

夏ですね。台風5号もゆらゆらと南の方を動いていたのが急転北上路線に転換し今まさに日本列島に向かってきています。暑いのも嫌ですが、暴風雨、土砂災害、波浪警報というのはご勘弁願いたい。とはいえ、夏の風物の一つではあります。上手くやり過ごしたいものです。

さて、今回は夏のお話2回目、つまり教えて!ヒャッハー委員会!オープン課題「おとなのブロガー、夏の自由研究。三連発」第一弾「わたしの夏物語、夏の1シーンを語ります」の小生版2回目であります。最近話題のソニーアクアリウム2017をチョロチョロリン♫と見てきました。

ソニーアクアリウム2017とは

  • 沖縄「美ら海」の魚たちが泳ぎ回る、銀座の夏の風物詩!
  • 今年はソニーショールーム/ソニーストア銀座と有楽町駅前広場に水槽が登場し"涼"と"癒し"を体感!

公式サイトの冒頭2行で全てが語られ尽くしているようにも思いますが、ぐだぐだ蛇足を大量につけると致します。

7月31日(月)〜 8月13日(日)の二週間の期間、有楽町駅前広場ドデーンと巨大な水槽が配置されているのです。後は交通会館とソニーストア銀座とソニーショールームにもそこまで大きくないけど水槽を配置したり、それをソニーの一眼カメラで試し撮りさせてくれたり、美麗な沖縄の海中動画を視聴できたりします。テレビの生き物番組で見るような鮮やかな色とりどりの魚、その個性的な姿をライブで見られるのはとても楽しいです。

水族館行けば?と言われそうですね。確かにその通りで水族館には比べるべくもなく規模は極小です。
f:id:dacs:20170805052141j:plain
でも、一般家庭で趣味として作るアクアリウムとは比べるべくもなく巨大ですし、狭いとは言え沖縄の海の一角をギュッと濃縮した上でそれが無理なく収まっている感じがして一つの不思議な世界を水槽一つで構成しているように感じました。

これがメインという楽しみ方もよいですが、生活圏通勤通学圏が近接しているなら気軽に立ち寄ってみるという楽しみ方が出来るのは素敵です。昼は勿論やっていますし、夜もやっているのでついでの立ち寄りでも十分楽しめます。ただ、イベントやスタンプは日中なのでそれが目的なら要注意です。

有楽町駅前のお魚さん達

写真

まあ、小生がぐだぐだ書くよりも写真の方がよほど雄弁なのでどんどん行きますよ!
f:id:dacs:20170805053040j:plain
これでもかってくらい詰め込んでいるのが分かりますか?小生は写真の撮り方がテケトーなんで水槽への映り込みを含むんですがこれは小生ではなく隣にいたおっちゃんとお姉ちゃんで霊みたいになっていますが気にせずに(*‘ω‘ *)。透明な水ですし向こう側の人も丸写りです。お互い様ですがごめんなさい。
f:id:dacs:20170805053432j:plain
本当に色とりどりでうっとりしてしまいます。一匹一匹真面目に調べればどういう名前のお魚かというのは分かる筈なんですが通りすがりだと綺麗さに感(かま)けるばかりでした。そうやってホヤホヤーンとした気持ちで眺めていると猛スピードで超個性的な彼がブビューーーって来ました。
f:id:dacs:20170805053909j:plain
ニセゴイシウツボさんなのでしょうか?何しろお魚さんの判別は小生全くもって定かではありません。全然違ったらごめんね。公式ソニーアクアリウムの写真では岩場の陰にひっそりと獲物を狙って潜むハンターみたいなイメージでこのもう速度泳法を見てると魚違いをしている可能性は大です。

説明を見ますと沖縄本島以南のサンゴ礁では普通にみられる。成長すると全長1.8mにも達する。肉は美味であると言われ、鮮魚店で見かけることもある。時には肉が毒化することがあり、以前、本種を食べて中毒したという話もある。とあります「美味しいけれど毒化するのでリスク承知で食べるの、ちみい?」という感じですか。小生食いしん坊ですが、別にそこまで身を張っていないので他の方にお任せします。

そして、この水槽の主とも言える真打ち登場です!
f:id:dacs:20170805054958j:plain
向こう側で水草の裏にいます。頭隠して尻尾隠さず…っていうか「でかっ!!」っというのが既にわかりますよね。この水槽相当大きい物なんですが、それが彼一匹で狭く感じちゃうほどなんです。実際は認識の誤謬で水槽に比してはそんなに大きいわけじゃ無いんですけど感覚的には狭かろうと見えてしまうんですね。
f:id:dacs:20170805055322j:plain
「やあ、ようこそ。仮住まいの我が家だけどのんびりくつろいでよ」って声かけてきそう。
f:id:dacs:20170805055611j:plain
画面の殆どが埋まってしまう圧巻ぶりです。ちなみに彼でかいのに目はつぶらで結構クリンクリンあちらこちら見ているんですね。外敵を探るといってもそんなに怖い物なさげに見えるんですが、自然界はそう甘い物では無いんでしょう。それにこのときは自分に対抗可能な大きさの二本足の直立動物が群をなして取り囲んでいたのです。まあ、沖縄の実家ではありえない状況なのでビビっていたのは実は彼の方かも知れません。

いやいやそれにしても眼福です。この水槽彼を見るために来たんじゃ無いかという感じがしますが、他の沢山の艶やかなスター達もいてのアクアリウムです。見に来て良かった!

動画

写真だとライブ感が差し引かれてしまうので動画も撮って参りました(*‘ω‘ *)。
youtu.be

ソニーショールーム/ソニーストア銀座のお魚さん達

会場について

ソニービルは改装中なので駅前から少し離れたいかにも銀座という感じの場所にGINZA PLACEという雑居ビル(この表現をするには立派すぎるのですけど)にソニーショールーム/ソニーストア銀座はあるのです。
f:id:dacs:20170805062928j:plain
一階と二階は車の展示をしていてとにかくピカピカです。
f:id:dacs:20170805063022j:plain
三階は女子ウケしそうなお店。その上場所柄としてガヤガヤな喧噪からはかけ離れています。眼下の交差点が人いきれで凄く猥雑なのでそのコントラストは凄いくっきりしています。
f:id:dacs:20170805063222j:plain
四階から六階がソニーショールーム/ソニーストア銀座ですが、アクアリウム会場としては四階、五階、それと水槽があるので一階もですね。六階は商談用だそうです。
f:id:dacs:20170805064047j:plain
一眼カメラやOLEDの大型テレビ、ヘッドホンやアクセサリなどソニー製品が様々展示されていました。ご興味がある方にはこちらの方がメインになってしまうと思います。流石にソニーだけあってとにかく製品の配置、見せ方、そして製品自体が格好いい感じに演出できている感じです(小生の写真ではイマイチ伝わらない気がしますけど(*‘ω‘ *))
f:id:dacs:20170805064207j:plain

写真

有楽町駅前の大水槽に比べれば「ちっちゃ!」と思うのは当然なのですが、中のお魚さん達はまた違います。それとここが大事なのですが、駅前の大水槽はとにかく派手ですし屋外なので人だかりが出来ているんですね。それはそれで結構なことなんですけど、落ち着いてお魚を見る感じでもないんです。

勿論覚悟完了して水槽の壁に張り付くとかいうことが出来るならばそれはそれでアリではあります。誠にひどい偏見ではありますが、いっしー。 (id:issizzz)や若居きつね (id:wakax2)さんみたいな若くて身体張る系であれば周囲の制止を振り切って水槽に中にジャボンと飛び込んで官憲のお世話になるまでを含めてコンテンツ化しそうですが、小生のようなシャイで真面目一徹な小人にはそんな大それた真似はとてもとても…。

ですので、のんびりお魚をみたい。可愛いのが好き!って方はこちらの会場本当にオススメです。
f:id:dacs:20170805081006j:plain
高価な一眼カメラもさわり放題撮り放題なのです!
f:id:dacs:20170805065623j:plain
ちっちゃいのばかりはつまらないといわず見てみると案外発見があると思うのです。
f:id:dacs:20170805065914j:plain
f:id:dacs:20170805065927j:plain

命名:マスヲさん

この会場で最初に写した水槽写真になんか黒くてラブリーなのいましたよね。彼です。
f:id:dacs:20170805070144j:plain
何かに似ているなあ。どこかで見たなあ…と頭に引っかかる物がありました。なんかこの岩陰からにょろにょろと出つつも何かパクりと食べたそうにしているこの口の開け方。でも、実のところそんなに肉食でなんでもかんでも食いつくでも泣く悠然としている。
f:id:dacs:20170805070504j:plain
あ、この人だ!マスヲ (id:move-wife) さん!!

ということで小生はこの黒い彼に「マスヲさん、こんにちはこんにちは。ご機嫌麗しいようで何よりですね」と正面から話しかけてみました。
f:id:dacs:20170805070954j:plain
黒いマスヲさん「んん?」
f:id:dacs:20170805071133j:plain
黒いマスヲさん「なんじゃワリャ?!嘗めとんのか、オオッ?!!」

ああ、この威圧感流石です。でも、水槽の中なので小生も強気です。お借りした一眼カメラと手持ちのスマホでバシャバシャ撮りまくってさしあげました。

一階の水槽

一階にも水槽があると申し上げました。こちらの水槽は実は幾つか用意されているようで時間ごとで切り替えているみたいなんです。小生が帰りがけ寄ったときにはこんな可愛い生き物がいました。
f:id:dacs:20170805071643j:plain
ハコフグかなあと思ったら、これハリセンボンの赤ちゃんなんだそうです。大人になるとちっちゃいスイカ大くらいの大きさまでになるそうです。そう係のお兄さんが教えてくれました。どうもこちらの水槽の説明をしてくれたお兄さんはこのイベントのために沖縄から来られた方らしくとても詳しいし、なんというか凄く人当たりが良いのです。一瞬で「あ、この人いいな!」って思っちゃうタイプでそばにいた子どもにも優しく説明されていました。

お土産

スタンプラリーをやっています。駅前のスタンプ台は17:30で閉じちゃうんですけどこちらは時間中は受け付けています。スタンプをパンフレットに押して持って行くと抽選に参加できます。
f:id:dacs:20170805072448j:plain
スタンプに亀がいるので一生懸命亀を探したのですが、亀には会えませんでした。これも日替わりだったり時間代わりだったりするのかも知れませんね。

終わりに

や、もう主役がお魚写真や動画なんで蛇足になっちゃいますね。

でも、このイベント東京近くの方だったらいいですよ。他の用事、仕事でも遊びでも良いのですが近くに寄ったときのついでで気軽に楽しめて、合間の埋め草にするには勿体ないほど濃いと思うのです。毎年開催している夏の風物詩でもあります。既に開催期間の半分が過ぎてしまいました。機会を作られるなら超オススメです!(*‘ω‘ *)