ぐだぐだわーくす

意識低い系目標と面白アンテナを掲げて世界征服をもくろむBLOG。我を崇めよ(*‘ω‘ *)

結局のところ、読者不在・書き手ありきの「あざとさ」の行く末ってこれか?

f:id:dacs:20170717012333p:plain:w760

こんにちは、DACです。

あざとさを売りにしたやり方って結局躓くものなんでしょうか?

これが贈る言葉になるのか、「予想通り騙された!(((( ´,,_ゝ`)))) ププッ」になるのかは知らないけれど、いずれにせよ呆れました。

元ネタ

www.kk3marketer.com

概要

  • 読者の不興を買ったのでブログの更新を終了する
  • 情報商材の無意味さを伝えて騙される人を助けたいというのがブログ開始の切っ掛け
  • 評価が地に落ちマイナスのレッテルを張られすぎ、もう終わり…となった

所感

不興を買う事なんて織り込み済みでは?

普段からあざといタイトルをつけて読者を呼び寄せるといったことをテクニックとして紹介していましたよね。それって不興を買うことはある程度折り込み済だったのではないのですか?あざといタイトルというのは、短い文字数の中に刺激のあるワードを含めることになります。特に見る人の多くが眉を顰めるようなタイトルであるほど訴求性は高いです。

おおよそ20以上のブックマークがつけば、有象無象のブックマーカが寄りつくのは何回か経験すれば誰もが知る話です。何度も大量のブックマークを貰っている相田さんがそれを知らない訳もありません。

刺激が強いと言うことは「その刺激に見合う回答や論理が示され」納得するか、さもなくば「ひとことふたこと言ってやりたい」という欲求を受け止めるかのいずれかとなります。

相田さんの場合、万人が納得するものでは無いにしても、基本前者「その刺激に見合う回答や論理が示され」納得することを指向したものだと思っていました。つまり、ある程度は「なるほど」と思い満足して帰って行くし、それ以外は持論を開陳してマウンティングするに任せる、というスタンスです。100文字やそこらの糞コメにマウンティングされるのは、業腹なところもありますが、衆目を浴びることでいわゆる「有名税」的に仕方ない面もあると思いますし、相田さんはそういう覚悟で書いているものと思っていました。

直接言えと言われてもね


あと、言いたいことあるなら直接いえ。言いっぱなしは多いけど、真摯にDMくれる人はホント少ない。ぐちぐち陰でしか言われへん奴が一番しょーもないし、嫌い。(以下URLでしたが削除されたので文字列にて)

個人的にかなーり残念だったのはこのつぶやきでした。

待ちの姿勢なんですよね。でも、陰口みたいなのがあることを知っているということは、きっとエゴサーチをしたのでしょう。

知っているなら、自分から「そう書いているけど、本意を捉えてないから意思合わせしよう」とか「なんでそう思うの?」という問い合わせとかになるのが筋だろうと思います。ズバリそう聞かれて反応できないような相手ならその程度ということですし、「そういうことなら言わせて貰うけど」となれば儲けものだと思うのです。直接話に来てくれるのを待つというのは奥ゆかしいというか、消極的すぎるというか、ぶっちゃけ他人に期待しすぎじゃないでしょうか?

そもそも言及してもらったところにまともに向き合って反応しましたか?

言及って陰口じゃないと思うんですよね。少なくともはてなブログであれば通知が飛びますし、普通は書いたことを隠す意図は無いです。

堂々と「書きましたよ」と伝えているものに対して、まともに向き合って反応しましたか?

弊ブログでも「【寝言には寝言で】ブログは時間の無駄!暇な大学生がバイトをやるべき3つの寝言 - ぐだぐだわーくす」というエントリで茶化した内容でカウンターを書きましたが、会話しに来られた記憶はありません。ブックマークで「相田ピエロ@学生ピエロブロガー」と意図が分からないことが書かれていただけでした。

小生も話しかけられれば「これはこういう意図がある」ともっと噛み砕いてお伝えする用意はあります。でも、ある程度は書き切ったつもりですので、わざわざ解説に伺う気もありません。

まあ、こんな泡沫ブログはどうでも良いのかもしれませんが他の方のところに無礼な言い切りをしていないか心配です。

出した結論が「終了」?

自分のブログをどうマネージしようが勝手な訳ですが、それにしても唐突ですね。

いつもの調子で屁理屈と見まがうようなあざとさ満載のロジックを並べ立ててどうにかしちゃうものだと踏んでいましたが、あっけなく「終了」とされていて、びっくりです。

本当に終了の場合

自分のポリシー的にブログは継続してなんぼだと思っているので、これまでの実績如何に関わらずつまらないオチだったなと思います。惜しむ気もおきません。なんだかなあと思いつつ存在を忘れることになるでしょう。

終了するする詐欺の場合

そんな無駄なことでエントリ書くくらいなら別のことを書けばいいのにと思います。正直その手のかまってちゃん的な手法は古典的で見飽きています。オオカミ少年的と言ってもいい。本当に終了するよりはずっとマシだけど、信頼性を自分から投げ捨て読む人を馬鹿にした行為なので小生はそういうの大嫌いです。

過去に何回か疲れたブロガーへの応援記事書いたけど

上記はいずれも、外から嫌なことを言われたり、ブログを継続するのに疲れてしまった人向けに書いたものです。

でも、相田さんのケースってこれらには当てはまらないですね。比較的近いのは「出来たであろうことを数える程人生は長くない - ぐだぐだわーくす」でしょうか?なんか煩悶しているようで一生懸命「自分は間違えてない」ってやってるようなところは似ています。件の事例について「何やってんの?」と思いましたし、呆れたという面では似たり寄ったりです。

終わりに

こういう煮ても焼いても食えないようなエントリ書くのすっごく嫌です。折角書くなら、せめて前向きな提言の一つでもして終わらせたいのですけどそういう余地がありません。

小生にとって「オモロク」はあまり「これは役立つ!」と思う内容はあまり多く見当たりませんでした。

でも、「勉強になりました」「参考にします」とはんこみたいな反応をする方々や指導を受けていた方々は決して少なくなかったです。或いはことあるごとにダメ出しをするような方々にとってはなくてはならない情報群だったのかもしれません。そういう層のことを思うと読み手に対して寄り添う姿勢、ぶっちゃけ愛が足らない読者不在・書き手ありきの「あざとさ」の行く末はこれか…と嘆息しました。

曲がりなりにもモデルケースや規範を示そうとしていた人だし、ちょっとくらいは小生とも通じるものを期待していたんですけどね。勘違いだったのかしらね?(*‘ω‘ *)がっかり


相田さんへ

現状理解が追いついていないので幾つかの確認をしたいと思います。併せて、小生が今どう思っているかを補記してお伝えします。


目の前の人に価値を与えられたらそれでいい。勝手な主観で僕を評論しないで欲しい。好き勝手やらせて欲しい。こういう意見が僕を捩じ曲げる。”愛が足らない読者不在・書き手ありきの「あざとさ」”なぜあなたがそんなことを言い切れるのですか?憤怒しています。エントリを取り消してください。

相田さん(id:kk3marketer)がこのエントリに憤怒しているということは分かりました。では、何に憤怒しているのか?そこが今ひとつ分かりません。

例としてあげられているのは、文末に書いたでも、「勉強になりました」「参考にします」とはんこみたいな反応をする方々や指導を受けていた方々は決して少なくなかったです。或いはことあるごとにダメ出しをするような方々にとってはなくてはならない情報群だったのかもしれません。そういう層のことを思うと読み手に対して寄り添う姿勢、ぶっちゃけ愛が足らない読者不在・書き手ありきの「あざとさ」の行く末はこれか…と嘆息しました。と書いた下りの強調部を問題視されているようです。

では、逆に伺います。今回のブログを唐突に終了する行為(或いはネタとしてブログを終了すると言い出す行為)は、読者としてあなたのブログを読み続けた人の理解を得られたのでしょうか?惜しむ人も沢山いたように思います。その中には「なんで止めてしまうの?」「悲しい」「もっと他にも教えて欲しかった」という声もあったのではないでしょうか?その声にあなたは応えたのでしょうか?

あなたの言を借りると「あと、言いたいことあるなら直接いえ。言いっぱなしは多いけど、真摯にDMくれる人はホント少ない。ぐちぐち陰でしか言われへん奴が一番しょーもないし、嫌い。」の「言いたいことを直接言わない」「言いっぱなし」「真摯ではない」「ぐちぐち陰でしか言われへん」「一番しょーもない」「嫌い」と伝えている相手は、悪罵をもってあなたを責め立てるだけの人だけにかかるのではなく、読者としてあなたのブログを読み続けた人にまでかかると読み取りました。

なるほど、それは小生の主観に過ぎず相田さんには不本意なのかもしれません。あなたはあなたに敵するバイアスだらけの誹謗中傷と戦っているだけで、読者は大切にしたいのかもしれない。でも、こういった読み取りがされる時点でその意図は通じてはいません。

小生は決してあなたに対して悪意的ではありません。ただ、あなたの行ってきたことや今まさに行っていることに眉を顰めてはいます。どうしてこんな書き方をしてしまうんだろうと悲しいなと思います。小生がこの理解を撤回できるなら、したいに決まっているでしょう。あなたが読者に対して誠実に理解を求めているように読み取りたいですよ。

でも、出来ません。それは小生の読み取り不足なのかもしれないけれど、少なくとも他のありとあらゆるドキュメントへの読み取りと変わらない読み取りをした上での主観です。それを否定すると言うことは、即ち小生が行う全ての主観が撤回せねばならぬくらい問題を抱えていることになります。そう思わせしめる記述がどこにあるのですか?冒頭に引き合いに出したエントリ「オモロク終了のお知らせ - オモロク」760文字強の中にどこにあるのですか?小生には分かりません。あなたの伝達に不足があると判断します。

それは下さったコメントにも同様に言えます。「目の前の人に価値を与えられたらそれでいい。勝手な主観で僕を評論しないで欲しい。好き勝手やらせて欲しい。こういう意見が僕を捩じ曲げる。」すみませんが、意味が分かりません。どうやら誤解をされて決めつけられていると言いたいようなのだけど、「本来何を伝えたかったのにこう解釈されてしまった。そこはこう表現しているからこう読み取って欲しい」と具体的で無いとさっぱりわかりません。

あなたは小生が理解出来ていようといまいと関係なしにエントリを消して欲しい。それは無理です。理解に足る内容で与えられれば、それにそぐうように謝罪でも修正でもする心づもりはあります。しかし、理解に足るものが与えられなければ反応しようがありません。あなたが憤怒するのであれば、きっと憤怒するべき正当な理由があるのでしょう。それを伝えて欲しいのです。

それと、これも申し上げておきましょう。あなたが憤怒しているように小生も困惑と怒りをない交ぜにした思いを抱えて経緯を眺めています。それはあなたを貶めるためではありません。なんで読者をないがしろにして平気なのか?そう読ませてしまう杜撰な書き方を自分に許してしまうのか?小生にとってそれはあまりに不誠実で許しがたいものとして見えてしまうのです。