読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐだぐだわーくす

意識低い系目標を掲げて達成をもくろむBLOG

不毛の我が家に、可愛い多肉ちゃん達を迎え入れた日

f:id:dacs:20170402030919j:plain:w760


こんにちは!土日祝になって外に出ないとガリガリとエントリを書くDAC(id:dacs)です。

さて、今回は多肉ちゃんこと多肉植物を育てることにした話なのです。

我が家は長らく植物には不毛の場所でした。でも可愛い多肉ちゃん達を迎え入れて可愛く優しい空間を生み出すことにしました。

多肉植物とは

多肉植物 - Wikipediaより引用:


多肉植物(たにくしょくぶつ)は、またはの内部の柔組織(じゅうそしき)に水を貯蔵している植物の総称である。砂漠海岸のような乾燥地帯に生育するものが多い。多肉植物のうちで、サボテン科が非常に種類の多いグループであるため、一般に園芸業界では「サボテン」とそれ以外の「多肉植物」とに分けて呼ばれることが多い。

ああ、なんか難しい表現ですね。要はあれです。葉っぱとか茎とか根っことかに水を蓄えていて、見掛けプニプニした可愛い植物のことです。ここ数年流行っていて、ニュース番組で取り上げられたりして更に人気が出てきます。サボテンも同じようにトゲトゲの下のぷっくりしたところは水でフクフクとしていますでしょう。お仲間らしいですよ。最近まで自分はそんなことすら知らなかったけれど、どちらも愛らしいですよね。

可愛らしいんで、どうも多肉ちゃんと呼んでしまっています。本当は個々に属で別れたり、その中で細かく種で別れるのですが、ざっくり多肉植物という括りで捉えているからです。ですので以降は多肉ちゃんと呼称することをお許し願います。

まあ、詳しい方からは「それ違う!」的なことをこれから沢山書いてしまうと思います。その際、是非優しくご教授下さい。今後の多肉ちゃん育成計画の上で考えを正すのは望むところです。
ただ、当方豆腐メンタルなので程々表現はお手柔らかにして下さると嬉しいです。

プレストーリー

毎度のごとく、ここまでには色々と紆余曲折があって思い立ってすぐではありませんでした。

植物の天敵である夫婦

ここは凄い自覚があるんです。

一番トラウマが大きいのはうちの結婚式の時の引き出物の一つとして入れたミニサボテン。自分達の記念品ですから来ていただいた方々より多めに3つ家に持ち帰りました。結果は、悲惨で全滅です。

1つはサボテンだというのに乾いて見る影もなく半年でやせ細り亡くなりました。

残りの2つは1年は大丈夫だったのですが、1年半経った時共に緑のちっちゃい虫にたかられてしまいました。気づいて取り除いた上でホームセンターで除虫剤を買ってきました。この行為が裏目でした。よく調べもせずに除虫剤を買ってきてかけた結果1週間で元気がなくなり、1ヶ月で再起不能になってしまいました。

折角の記念のサボテンを育てられず、夫婦揃って「自分ら植物育てる才能無いわ。天敵だね」と落ち込みました。興味が薄かった、無知だったという問題を棚に上げての安易な結論でしたが「頑強で手を大してかけずに育てられるはずのサボテンすら育てられないのはまずい。植物はもう育てない!」と思ったものでした。

ちっちゃくて可愛いもの大好き夫婦

好みが結構被るんです。自分は自分で可愛い感じのものが好きですし、妻も同じです。それも一般的に可愛いとされるものより少しズレていて守備範囲が広い。ブサ可愛いの範囲が恐らく結構何でもありな感じで許容出来てしまうというか、好みだったりします。あそこにある

まあ、多肉ちゃんはその中でもかなり一般寄りではあるのですが、実は最近ブームになるより前から多肉ちゃんが気になっていました。

  • DAC「あそこにあるちっちゃいのいいね!」
  • 妻「あー、あれ可愛いよね」
  • DAC「なんだっけ?多肉?」
  • 妻「欲しいね。でも…」

といった会話は良くしてきました。最近流行ってきて、百均でも扱うようになって色々なメディアで露出が増えてきたのでその欲求はどんどん膨らんでいきました。

そしてこれが決め手でした。

いつも楽しみにしているmitsu(id:mitsu2567)さんのブログのこの三連打!黒い三連星、ならぬ緑の多肉コンボ!あたしを萌え死なす気満々だろ、こら!!(言いがかりです)
www.mitsu.jp.net
www.mitsu.jp.net
www.mitsu.jp.net

や、だって。id:nych87さんの飯テロ(これも言いがかり)を夜中に見て悶え苦しむのより、更に更に凶悪なほどときめいてしまいましたもの!「こりゃあかん奴や、なんとかの囁きだ」と即座に判断、そっとブラウザを閉じねば…。

無理でした( ˘•ω•˘ )。美味しいものや可愛いものが大好きな自分には、愛情あふれるエントリを食い入るように見入ってしまいました。

そして、プツン…何か切れてはいけない何かが切れたような音が聞こえました!嗚呼(*'ω'*)、もうあたしは駄目だ。耐えられない。

多肉ちゃんを迎えた日(2017年3月25日)

朝にとうとう決断し即実行

欲求が抑えられなくなって口火を切るのはいつも自分の方が多いのですが、この時もそうでした。朝ごはんを食べている最中に脈絡もなく

  • DAC「今日ホームセンターに行こう!」
  • 妻「??何いきなり?普段ホームセンターなんていかないのに…」
  • DAC「多肉買う!決めたっ!!!」
  • 妻「ええっ?本気??可愛いし欲しいけどサボテン枯らしちゃったんだよ。自信ないよ」
  • DAC「大丈夫!もう禊は済んだから、買おう!一緒に育てよう!」

というやり取りをして買いに行きました。妻も元々とても育てたかったのを我慢していたのか、ご機嫌で一緒に来てくれました。

勿論、絶対育てられる自信なんて持ち合わせていません。前科があるのですから…。でも、具体的には明らかにしませんが禊期間はかなり長いのです。その間に二人とも色々成長しているので、きっと何とかなるし、何とかして見せる!そう決めたのです。

ホームセンターで物色

そもそもどこで多肉ちゃんを扱っているかすらよく分かっていないのですが、「大きいホームセンターならきっとある!そこはダイソーも入っているからどっちかには必ずある!!」と鼻息荒く向かいました。

期待通りいましたよ、多肉ちゃん!それもいっぱい!!

ホームセンター側

f:id:dacs:20170402015536j:plain
解説のカードが手書きで色々と細かく説明が書いてあります。ゆっくり読みたいのでカードだけの写真も別途撮りました。

f:id:dacs:20170402015521j:plain
カードの右下の方に半額セールになった多肉ちゃん達。茎が伸びているんですね。実は他のまん丸いのと同種だったりするのですが、日照が弱いと日を求めて茎を伸ばしたりするんだそうです。これはこれで可愛いですが、顛末を聞くと尚更愛おしくなります。

f:id:dacs:20170402015501j:plain
葉っぱも広く広がっているのもいれば、まん丸くてプチプチしているのもいます。

f:id:dacs:20170402015551j:plain
ちょっとツンツンしている子もいますね。

f:id:dacs:20170402015603j:plain
もうこの売り場だけで決めていいかと思うほど沢山の多肉ちゃんがいました。写真には撮っていませんが最初から複数の種を寄せ植えした鉢もあって、「ここはプニプニ天国だ!」と妻とウットリしていました。傍で見たら凄い変な客だったかもしれません。

他にも多肉植物用の土とかありました。多肉植物はアルカリ性の土は駄目というのは調べていたので、どうしようかと思っていたのですがズバリそれ専用というのがあれば迷うことは無いので買いです。

ダイソー側

f:id:dacs:20170402020946j:plain
ご存知と思いますが今時の100均は本当に凄いです。物を選べばお買得ですし、こんなもの扱っているのかと仰天するものも少なくありません。今回は行きませんでしたが、ダイソー以外でも多肉ちゃんはいるようで、セリアもいいそうです。扱う種もきっと違うでしょうから、そのうち行ってみたいです。

オマケと言ってはなんですが、サボテンちゃんもいました。
f:id:dacs:20170402021316j:plain

君に決めた!!!!

似た者夫婦なので、揃って優柔不断です。こう可愛い子ばかりいるとお互いに「決めて!決めて!」と判断の求め合いになります。それは最初から織り込み済みだったので、自分は今回我が家に迎える多肉ちゃんは6つと決めていました。まあ、懐具合的にそこらへん丁度良いというのと、欲目をかいても育てられるかどうかこの期に及んで心配だったからです。

そして、二人でうんうん悩みながら30分かけて(長いとか言わない!!)決めました。うちに迎えたのは次の多肉ちゃん達です。

ホームセンター側

f:id:dacs:20170402022859j:plain
この子の名前はブロンズ姫。50%引きになってしまっていて茎が伸びていた子だ。「え?私でいいんですか?」みたいな顔をするんじゃない。君は養成所(ホームセンター)で頑張ってレッスンを受けていたじゃないか!生き延びようと頑張っていたんだろ。笑顔に自信を持つんだ!真っ先にこの子は決めていました。一目ぼれです。赤い要素は入れたかったですし、基本ずんぐりむっくりの多肉ちゃんの中で目立つ子がいた方がいいと思いました。

f:id:dacs:20170402023433j:plain
この子の名前はデビー。名前からしてインドネシアのスカルノ元大統領第3夫人という肩書の強面のお方を連想するけど、この子は関係ありません。そもそも瑞々しさが段違い!君!自分を信じて我が家のアイドルになろう!(段々違うノリになってきた)この子も赤要素として大事な存在だ。

f:id:dacs:20170402023734j:plain
この子の名前は秋麗。可憐な名前だ。葉っぱが丸くていかにも多肉ちゃんらしい装いがいい!赤く染まりつつも緑の要素も併せ持ち、いい感じにバランスが取れている。四の五の言わずに着いてくるんだ!いい思いをさせてやるぜ、ゲヘヘヘヘ(キャラがブレブレだがいいのだ)

ダイソー側

f:id:dacs:20170402024308j:plain
名前は不明。それどころか属も分からない。ミニ多肉としか書いていない。でも、多肉っぽい感じで細かい繊毛が生えていて且つツンツン尖がっている。クールでツンデレ!これはいいぞ(デレ要素は見当たらないが、おいおい開発すればいいのだ)

f:id:dacs:20170402024541j:plain
この子も名前が不明。セダム属。そこのブドウみたいな君、君だよ!!その個性は大事だよ!うちに来たらオヤツもあげる。そんな乾ききった土、小さい鉢じゃ君の才能が生かされない。うちなら君をプロデュース出来る!(怪しい事務所っぽいが、この手の子は承認欲求に飢えているのだ)

f:id:dacs:20170402024948j:plain
この子も名前が不明。エケベリア属。エケベリアというのはあまり多肉ちゃんに詳しくない自分も聞いたことがあるくらいだから多肉界でもメジャーな部類なんだろう。大衆ウケは大事。君もくるんだ!

ちなみにこの子だけ何故バケツの中にいるか?実はこの子の鉢は水をあげたばかりなのかお漏らししてしまったのだ。新聞紙を敷いていたので被害は微少なれど、オシオキ部屋にとりあえず鉢ごと収納した次第。

そんなこんなで我が家に多肉ちゃん達がやってきた

攫ってきたとか、売買だとか人聞きの悪いツッコミは却下なのです。この子らは我が家で大切に育てるアイドルの卵なのですから、賓客としてお迎えしました。勿論きっちりお金も払って…。

まあ、植物はどれもこれもそうなんですが高いものは天井知らずですし、安いものは安い。100均は108円ですし、ホームセンターは高くて5-600円です。でも、値段じゃないです。縁あってうちに来てもらったわけで、これから一緒に暮らして一緒に成長していくのです。結果的に背中を押しまくってくれたmitsu(id:mitsu2567)に多大なる一方的な感謝!

色々我が家には多肉ちゃんたちを危機に陥れる要素もあるのだけれど、まずは「ようこそ、我が家へ!」