ぐだぐだわーくす

意識低い系目標と面白アンテナを掲げて世界征服をもくろむBLOG。我を崇めよ(*‘ω‘ *)

Add information for "nindies showcase 2018"&"Nintendo Switch in Indie Highlights"

日本語での説明は下の方にあります。

Explanation in English

This time, I wrote a list of the Nintendo Switch indie games introduced by "nindies showcase 2018" and "Nintendo Switch in Indie Highlights" as I wrote in the title so I will share it. From both of those who viewed it, I think that "what is it now?"
youtu.be
www.nintendo.co.uk
However, the list collected by myself has added information other than those introduced in a video. To be honest, it was inconvenient and unsatisfactory for me just by information on videos and sites.

List

docs.google.com
Note: You can comment without being a Google user. However, if I think it is a problem, I will change the authority.

Features of this list

  1. Relevance with Steam: Speaking of indie games, I will associate Steam for the time being. Indeed, there were many existing ones in Steam and there are plans to sell for Nindies. What is the game like? How is the reputation? How about the price? I tried to make a tie in such a viewpoint. (However, there may be cases where the exact match does not occur. For example, if the original version is in Steam, if Nintendo release the enhanced version with Switch, there is no point in price comparison, but you can know the atmosphere of the game .)
  2. Handling at eShop in Japan, the United States and the UK: This time Nindies still includes many things that are not planned to be released in Japan. Even so, since Switch is region free, there are many things that Nindies software suddenly goes on sale without being on schedule. If you want to see information in advance, delivery schedule and price of overseas eShop will be helpful.
  3. Supported linguistic information: Actually this is what I like to do most. Users can purchase overseas pre-distributed games by making overseas eShop accounts. However, in many cases, language correspondence information is unknown unexpectedly. Unfortunately, although lists introduced this time are definitely English correspondence, correspondence in other languages ​​is still unknown. I will make an update as soon as I know it.
  4. Linking development company and sales company information: Manufacturers of indie games often have low familiarity for home game machine users. Actually there are many famous companies in the indie games world, but it may not be all that much to go looking at the company's page. There are many things that you can find another work of a company that likes your indies game and it is very fun to unearth.
  5. Official website, linking with official Twitter: Actually many of the indie games are often making official website of the game and official Twitter account separately from the manufacturer's site. Even if there is not much information in Nintendo eShop before release, I think that it is very useful because there are cases where official Twitter is transmitting more and more.

Share Japanese eShop information to overseas users

Why am I making this table in English? It is useful for users in Japan, but I also wanted to provide more useful information to overseas users. Japanese is a minor language. It is not easy for foreign users to read and understand Japanese eShop information. I thought whether I am better than reading Japanese as it is in my poor English.

Data usage conditions

Basically you can download it freely or browse it. However, there are several requests.

  1. If there are incorrect points of data or if there is supplementary information or better English expression, please teach kindly. Personally I do not want to see anything with hateful bookmarks, rough words like common chords in 5ch, lonely long expressions and criticisms, disgusting and hating.
  2. There is no idea to share edit rights on this display itself. First of all, since I want to make it more useful than anything else for me , I'd like to ask your requests and ideas, but I can not guarantee as to what you would like to say.
  3. Format and contents change without warning by updating.


日本語での説明

今回は、タイトルに書いた通り"nindies showcase 2018"と"Nintendo Switch in Indie Highlights"で紹介された任天堂Switchのインディーズゲームをリストにしてみたので共有します。両方閲覧した人からは「今更何?」と思われるかと思います。

しかし、自分が集めたリストは少しばかり動画で紹介された以外の情報を追加してあります。正直言って動画やサイトの情報だけでは自分には不便で物足りなかったのです。

このリストの特徴

  1. Steamとの関連性: インディーズゲームと言えば、とりあえずSteamを連想します。実際、既存でSteamに存在していたり販売予定があるものが今回のNindiesには多く含まれていました。そのゲームが一体どんな物か?評判はどうなのか?価格はどうなのか?そういった観点で紐付けを作ってみました。(但し、完全一致していない場合があります。例えば、Original版がSteamにあって、機能強化版をSwitchで出す場合、価格比較に意味はありません。しかし、そのゲームの雰囲気を知ることが出来ます。)
  2. 日本、アメリカ、イギリスのeShopでの扱い:今回のNindiesはまだ日本で発売予定が無いものも多く含まれます。そうはいってもSwitchはリージョンフリーなのでNindiesソフトは予定に無くてもいきなり発売されたりすることが多々あります。事前に情報を見たい場合、海外のeShopの配信予定や価格は参考になります。
  3. 対応言語情報:実はこれが一番私がやりたいことです。ユーザは海外先行配信しているゲームを海外eShopアカウントを作ることで購入可能です。 ただ、言語対応情報は意外と分からないことが多いのです。残念ながら、今回紹介するリストは英語対応は間違いないのですが、他国語対応は今ひとつ不明です。分かり次第更新をかけていこうと思っています。
  4. 開発会社と販売会社情報の紐付け:インディーズゲームのメーカは、家庭用ゲーム機ユーザにとって知名度が低いことが多々あります。実際のところインディーズゲーム界では有名な会社が多いですが、それでもわざわざその会社のページを見に行くことは少ないかも知れません。気に入ったインディーズゲームを出している会社の別の作品を見つけることが出来ることも多くあり、発掘するととても楽しいです。
  5. 公式サイト、公式Twitterとの紐付け:実はインディーズゲームの多くはメーカーのサイトとは別にゲームの公式サイトや公式のTwitterアカウントを作っていることが多いです。発売前で任天堂eShopにあまり情報が無い場合も、公式Twitterではどんどん発信している場合があるのでとても役に立つと思います。

海外ユーザへの日本のeShop情報の共有

何故殆ど英語で表を作っているか?それは日本のユーザにも役に立つけれど、それ以上に海外のユーザに役立つ情報を提供したかったからです。日本語はマイナーな言語です。海外のユーザにとって日本のeShop情報を読み解くのは簡単ではありません。自分の下手な英語でも、そのまま日本語を読むより良いかと考えました。

データの使用条件

基本的に自由にダウンロードしたり、閲覧したりして頂いて構いません。しかし、幾つかお願いがあります。

  1. データの不正確な点があった場合や補足情報、より良い英語の表現がある場合、丁寧にお教え下さい。個人的にはてなブックマークや5chでよく見かけるような荒々しい言葉遣いや居丈高な表現や評論、嫌味は大嫌いで一切目にしたくありません。
  2. この表示自体の編集権限を共有する考えはありません。まず何より自分にとって役立つように作りたいので、ご要望やアイディアは是非伺いたいですが、おっしゃる通りにするかどうかは保証できません。
  3. Googleユーザで無くてもコメントが可能です。但し、私が問題と考えた場合は、権限を変更します。
  4. フォーマットや内容は更新によって前触れ無く変わります。